コンテナ輸送用容器・プラント輸出梱包・エアー緩衝材など、包装・梱包の親和パッケージです

HOME > 商品 > 自動梱包設備

自動梱包設備

10トンからなる鉄の塊 - コイル

 鉄板の多くは、グルグルとドーナツ状に巻いた状態で輸送されます。このドーナツ状にまいた状態のものを、コイルといいます。コイルは一番よく利用されるサイズのものでも、1つで7トンから10トンもの重さがあり、直径が1.2mから1.4mになります。大きなものになると、20トン以上にもなります。当社では、この巨大なコイルを、輸送時に傷がつかないように、また錆びないようにするために、カバー板や防湿紙などで包んで(梱包して)います。(コイル以外にも、シートを束ねた形態のものなど、色々な形態の鉄板も梱包しています。)鉄の種類、輸送先などにあわせて梱包

鉄の種類、輸送先などにあわせて梱包

一口に梱包とはいっても、すべて同じような梱包をすれば良いというわけではありません。鉄は、種類によって、錆びやすいものや、やわらかいもの、傷つきやすいものなど、多種多様な性質を持っています。また、国内で輸送するのか、海外へ輸送するのかなど、送り先によっても条件が変わってきます。例えば海外に輸送するのであれば、船舶で輸送することになるため、潮風によって錆びないようにしなければなりません。どのような状況にも耐えれるような梱包をしていたのでは、多くのムダが発生してしまいます。そのため、そのコイルが必要とする用件にあわせた梱包を実施しなければならないのです。

世界トップクラスの梱包ライン - 自動コイル梱包ライン

 このような巨大でかつ繊細なコイルを梱包するために、最新のFA技術と数々の斬新な発想を集結し、世界一の高自動化率と高生産性を可能にした「自動コイル梱包ライン」を設置しました。これは新時代の梱包ラインとして注目を集めています。  そして、大幅なコストダウンをはかるため、梱包材料の一体化や複合化を行うとともに、作業の簡略化を進め、これまでにない全く新しい「新コイル梱包様式」を考案し、実現しました。