コンテナ輸送用容器・プラント輸出梱包・エアー緩衝材など、包装・梱包の親和パッケージです

HOME > ニュース > 2015年8月24日 名古屋工場圧縮試験機をリニューアル

名古屋工場圧縮試験機をリニューアルしました

 保管や輸送などの物流過程において、段積みを行うことにより箱の上面に様々な負担がかかります。 箱潰れによる製品破損や外観不良を未然に防止する目的と適正な圧縮強度を有している箱かを検証する事が出来ます。
従来の圧縮試験機に比べ、試験可能MAX寸法が大きくなったことにより大小様々な箱の圧縮試験を行うことが可能になりました。

昨今、従来のコンテナからハキューブコンテナを使用するケースが増加傾向にあります。 リニューアルした試験機では、ハイキューブコンテナを想定した試験を行うことが可能になりました。

圧縮試験機
最大圧縮力20,000kgf
最大変形測定量200mm
試験品寸法MAX2,300×2,500×2,750mm

圧縮荷重20tonまで対応した大型の圧縮試験機です。 段積みの強度の計測に利用しています。