コンテナ輸送用容器・プラント輸出梱包・エアー緩衝材など、包装・梱包の親和パッケージです

HOME > 会社概要 > 技術

シンワグループでは、以下の場所にて、輸送容器の研究開発を実施しています。

シンワ包装試験センター紹介

愛知県にあるシンワ包装試験センターでは、大型試験設備を設置しています。
これにより、輸送時に加わる、大切な製品への影響を、迅速に予測・再現することが可能です。

主な試験設備は、以下の通りです。

  • 三方向同時振動試験機
  • 20トン圧縮試験機
  • 傾斜衝撃試験機
振動試験機
  • 振動方向
    一方向~三方向同時(選択式)
    最大加速度
    垂直4G、水平3G(無負荷時)
    振動数範囲
    3~100Hz
    最大搭載質量
    2,500kg
    振動台寸法
    2,400×2,100mm
    拡張テーブルにより3,600×2,600まで可
圧縮試験機
  • 最大圧縮力
    20,000kgf
    最大変形測定量
    200mm
    試験品寸法MAX
    2,300×2,500×2,750mm
傾斜衝撃試験機
  • 最大滑走距離
    2,000mm
    最大試験重量
    1,500kg(最大滑走距離試験時)
    試験台寸法MAX
    2,750×2,400mm
    衝突面
    合板・ウレタンゴム90°・70°から選択
所在地
  • 住所
    愛知県東海市新宝町22-3
    親和パッケージ株式会社
    名古屋工場内
    シンワ包装試験センター
    TEL
    052-601-8701
    FAX
    052-601-8707
    アクセス
    お車で:伊勢湾岸自動車道東海IC 下車約5分
    電車で:名鉄常滑線太田川駅からタクシーで約15分